E-PAL English Plus Deep Active Learning 

 〜英語のディープラーニング〜

「自己学習の時間に革命が起こる!!」

このメソッドの最大の特徴は、自分自身で「英語の正しい構造と理論」が理解出来ていれば、アウトプットすればする程、英語の理解が深まりネイティブの感覚が掴めるという事です。同じくリスニングにおいても、「正しい英語のリズムとフロー」が理解出来ていれば、ずっと英会話スクールに通わなくても自然と発音とリスニング力が向上するという事にあります。

RITZのスピーキング法と母音発音法は英語の根幹(ある意味基礎)で、「E-PAL ~ English Plus Deep Active Learning ~」を活用する事で飛躍的な英語の上達が可能になります。

先ずは、根本的な理論や感覚を「正しい使い方」で覚えて、それらを確実に「自身の感覚に合わせて考え使う」事で、「日本語の感覚から直訳で自然と英語が出てきて、本当の意味でのネイティブとの意思疎通が可能になる」という英語習得の実現への道が開かれます。​

このRITZ最大のメソッドがあれば、シンプルに「英語にかける時間は半分も要らなくなります!」 

「E-PAL」の本質は、「自身で英語を作る力を育てる」という事であり、「自身で英語の壁を乗り越える力」を育む事にあります。ネイティブや先生に解決してもらうのではなく、自分自身の力で「スピーキング力」を培う力を習得するところにあります。

「EPAL ~ English Plus Deep Active Learning ~」を実感して英語を必ず自分のものにして下さい!!

 01  英会話スクールに通っても上達が感じられない?

もし、英会話スクールに通っても、海外に留学しても英語が上達した気がしないのであれば、そこに「原因」があると思いませんか?

この場を借りて断言させてもらいますが、一般的に学校や英会話スクールで行われているアクティブラーニングは、その本質を捉えておらず、「本当のアクティブラーニング」にはなっていません。もし効果が表れているのであれば、英会話スクールに1年通えば誰でも英語が喋れるようになるはずです。

1. 英会話スクールなどで行われている事とは?

先ず考えて頂きたいのが、あなたがいきなり「日本語を教えてください」と言われたらどうしますか?大抵の方は「いいですよ」と仰るかもしれませんが、敢えて考えてみると「どこから教えていいのだろうか?」と思い悩むと思います。これはネイティブの講師も同様です。英語を教えるという事には「相当な知識と感覚」が必要とされます。英語が分からない人に「英語で英語を教える」という事には更なる技術が要求されます。同様に、英語のみで「英語の正しい知識と感覚を身に付ける」のにも、相当な努力が必要とされます。シチュエーションのみの反復練習をしても、そこに「英語の本当の感覚」が伴っていなければ、逆に膨大な時間が掛かる事になってしまいます。これが「一般的な英会話スクールに通っても、自分で喋れるようにならない」という大きな原因の1つです。

ただ、「英語の本当の感覚と理論」を知れば、日本人なら誰でも瞬時に「本当の意味と使い方」が理解出来るようになります!

2. 英語が自由に喋れるようになる上達法とは?

英語が自然に喋れるようになるのには、「英語の言語野の形成」が最も重要です。実は、レッスン内容が言語野の形成を意識したものでないと、「英語が喋れるようになるのにとても時間が掛かる」「暫くしたら英語を忘れてしまいます」。折角、時間もお金も掛けたのに勿体無くないですか?

スピーキング法のページでも書かせて頂いておりますが、確実に「正しい英語の知識と感覚」を身に付け、「正しい応用でアウトプット」していく事が肝心です。

 

少し質問ですが、

 

英語習得をする際に、1つの文章全てを覚えたりしていないですか?

自由な会話が出来るようになるのに、どのくらいの文章を記憶すればいいと思いますか?

断言します!!RITZのメソッドがあれば、「英語にかける時間は10分の1以下で済むようになります!!」喋れば喋る程、英語は自然と覚えれるようになります!!

何故ならば、「英語の根本となる言い回し」が馴染んでしまえば、残りの半分以下はただのインフォメーションとなるからです。英語は見方が大事です!単語長などを使って覚える必要は一切無くなります。

綿密に述べさせて頂くのであれば、「英語の本当の感覚と理論&母音にフォーカスするメソッド」があれば、「全ての学習時間は100分の1」までにもなります。それでも英語は上達して、その先にある言語野の形成が見て取れれば、英語から暫く離れたとしても「忘れない英語」が身に付いているはずです。

3.「忘れない英語」の習得法とは?

英語をフレーズのみで覚えたりしても、実際の会話で応用して自由に会話する事はかなり難しいです。先ずは、基本の言い回し(主語と助動詞)を自身に馴染ませて、深く考えなくても使えるようになる事が重要です。その言い回しが馴染む頃には、自由に応用も出来て、そのあとに続く「動詞と目的語のセット」にも上手にブリッジ(架け橋)が繋げられるようになっています。

 

この2つのセットを、覚えやすく記憶に定着しやすく習得していく方法が「Active Learning Plus」です。英語を単語だけで覚えても、「主語と助動詞、動詞」の関係を知らないと、全く通じない時も出てきます。日本語と同じく、言葉と言葉には必ず「相性の良い組み合わせ」があります。その組み合わせを無視して喋れば、「自身が混乱してしまいます」し、逆に常に相性の良い組み合わせで覚えていけば、「それが当たり前になります」。その「確かな英語の感覚と理論」こそが上達の鍵です!

 

 02  多角的な英語発達脳アプローチとは

1. 英語は多角的なアプローチがないと上達しない?

スピーキングを含めたアウトプットにも、リスニングやリーディングにも「多角的な英語発達脳アプローチ」というものが存在します。

どうしても日本にいて英語を習得しようとすると「多角的ではない形でのアプローチ」になってしまいます。例えばですが、「TOEIC」で900点以上の高得点を取ったとしても「英語がそれでも話せない」という人がほとんどです。何故かというと、スピーキングに必要な「英語の本当の感覚と理論」だけはTOEICでは問うてこないからです。さらに、海外で生活していると自然に身に付く「多角的な英語発達脳アプローチ」が行われないからです。

英語(言語)を使うという事は、常に「マルチタスク」が求められます。

ただ、母国語(日本語)であればそれが自然に出来ているはずです。自然体で「喋りながら考えたり」「考えながら話を聞いたり」「話を聞きながらメモを取ったり」出来るはずです。それが英語になったとしても、同じ事が言えます。「集中しないと英語が聞き取れない」「集中しないと文章の意図が理解出来ない」では、英語は伸びません。残念ながら、電車に乗りながらリスニングもしていても「マルチタスク」にはなりません。何故なら、「電車の中で立ってる事」に表面的な意識は必要でしょうか?

マルチタスクが苦手という方でも、「日本語で同時に聞いたり考えたりする事」が出来れば、英語でも必ず出来るようになります。何故なら、言語の働きを司る「前頭前野」を中心とした脳の使用するところは同じで、五感というように使用している感覚は別だからです。

2. EPAL学習法の役割とは?

最も重要な多角的な英語発達脳アプローチ」は、もちろん「アウトプット」する事です。ただそれは、スクールなどでよく行われているフリーカンバセーションではありません!

何故なら、「会話の最中に作り出した英語の文章」は、記憶にあまり留めらないからです。正直、フリーカンバセーションは「記憶へのアプローチとしては弱い形」になります。潜在意識的には残りますが、物事は次のプロセスになるとすぐに目の前のプロセスに集中されるから、時間が経てば経つ程思い出そうとしても「自身で作り出した文の構造と感覚」を思い出す事が困難になっていきます。これが、通常の英会話スクールに何年通っても、英語が習得出来ない最大の理由の1つになります。

そこで、「EPAL学習法」を使用した独自のアウトプット法になります!

​先ずは、「英語の根幹となる英語の本当の感覚と理論」が必要になります。そして、この根幹を鍛える事が「最も記憶への強いアプローチ」になり、英語の上達を格段に押し上げて「忘れない英語」とさせてくれます。インプットだけでは理解しきれない「根幹となる英語の本当の感覚」をアクティブに強くアウトプットする事により、自分自身で「英語の更なる感覚と使い方」に気付く事が出来るようになります。更に、「その自身の感覚」をレッスンで確認&修正する事によって、「よりリアルなネイティブの使っている英語の感覚」を身に付けて馴染ませる事が出来るようになります。

このメソッドはRITZオリジナルであり、他のスクールなどでは真似が出来ない唯一無二な上達法になりますので、是非一度体感しに来て下さいますと幸いです。

3. アクティブラーニングの真骨頂

ただ聞いた事を繰り返すだけでは、本当の英語は身に付きません。「どのようなシチュエーションで使うのか?」「どんな感情の時に使うのか?」という事を理解しないといけません。一見難しいように思われるかもしれませんが、一度「表現方法の使い方」を理解してしまえば、次からは考えなくてもスムーズに喋れるようになります。この繰り返しが記憶と知識の定着に繋がり、言語野の形成と「忘れない英語」を身に付けられる結果となります。

英語を覚える時は日本語から英語に毎回変換したりして「毎回新しい感覚を作っていく」のではなく、「自身の感覚を英語に合わせていく事」「自身の感覚に英語をインストールしていくという感覚」がとても重要です。

「E-PAL English Plus Deep Active Learing」があれば、英語が「リアル」なものになります。従来の受け身の学習から脱却し、英語上達への手がかりとなり、英語を「どうやって使ったらいいのか?」「どうやって伝わっているのか?」という本当の感覚」が自身で理解しながら感じる事が出来るようになります。

当スクールの3つのメソッドで「自身で応用出来る力」と「忘れない英語」が身に付けば、何年も英会話スクールに通わなくても、英語はもっと確実に上達して喋れるようになっていきます。

 03  アクティブラーニングの本質とは?

1.そもそもアクティブラーニングとは?

最後に、アメリカなどの英語が母国語の国で採用されている「アクティブラーニング」について説明させて頂きます。興味のある方は是非読んでみてください。

アクティブラーニングは、アメリカでは全ての教科に採用されており、文系などではインプットした内容を自らディベートしたり、レポートにして発表したりします。その自らのアクティブなアウトプットにより、「更なる内容の理解」であったり、時代背景を読み取る事が出来るようになります。自らの状況に置き換えたりする事で「柔軟な発想」や「感情移入」を生み出し、「画期的な発想」が出来るようになります。この結果が、アメリカで「多くの画期的な発明や発見」をもたらす事になっています。これは理系の教科でも同じく採用されており、定型の数式のみで回答を求めていくのではなく、自ら基礎を応用する事によって「新しい答えの求め方」を探求する力が備わるようになります。

2. 日本の英語教育にアクティブラーニング?

この革新的な学習法は日本でも徐々に採用されており、2020年の大学模試自体にもアクティブラーニングが採用されます。ただ、日本の一部の教育学者などの間では囁かれていますが、英語には採用が難しいと言われています。何故かというと、その答えは簡単です。英語を教える講師に「英語の本当の感覚」が十分に備わっていないからです。いくら生徒にアクティブにアウトプットを求めても、当の講師が「正しく導く」事が出来ないからです。「be~ing(現在進行形)を使った形には3通りの表現方法」がある事を知らなかったり、「maybeが30%や50%くらいの確率」と思っている講師は、ある知識としての英語は教えられますが、「話すための英語」に関しては専門外だったりします。「英語の正しい使い方」が理解出来ていない人に教わりながら、自身も上達するのというは至難の技だと思いませんか?

 

​因みにですが、実は未だにネイティブ同士でも「maybe」の確率について議論されますが、そんな必要は一切ありません!RITZでのメソッドがあれば、あなたが逆にネイティブに「英語の本質」を教える事が出来るようになってしまいます!

3. 英語が話せるようになる為には専門家に教わる事が1番

ことわざで「餅は餅屋」という言葉があります。 その意味は、「何事においても、それぞれの専門家にまかせるのが一番良いということ」です。 学校で教わっても、英会話スクールに通っても上達が感じられないという事は、実は「英語を話せるようになるという事」においてそれらの機関は専門家では無いという事が言えます。一般的に実現が難しいと言われている「英語教育に対するアクティブラーニングの採用」を実現したのが「アクティブラーニングプラス」であり、当スクールのメソッドであります。

因みにですが、日本人講師で「マクドナルドが何故、"I'm lovin' it!"と使っているのか?」という事の正しい答えを的確に認識している方はいません。実は、ネイティブ講師でも知らない方がいるくらいです。ただ、「英語の正しい理論と感覚の本質」を理解していればとても簡単な事です。自分の言いたい事の全てが自身の力で応用出来るようになります。

専門家に教われば、決して英語習得は難しくありません!

そして、年齢も関係ありません

「本当に英語が話せるようになりたい!」「忘れない一生ものの英語が覚えたい!」という方は、是非一度体験しに来てください。

英語は必ず喋れるようになります!

 

Copyright © Copyright © 2017-2019 Huro Academy & Ritz English School All rights reserved