top of page
Featured Posts

英語が話せるようになる方法 その2



先ず、「スピーキング」&「言語習得」において、


何が「1番」大切だと思いますか?



「単語力」ですか?


「文法力」ですか?


「リスニング力」ですか?



実は、このどれでもありません。




また、言語習得は、どちらから始めた方がいいですか?


インプットからですか?


それとも、「アウトプット」からですか?




正解は、勿論「アウトプット」からです!


赤ちゃんが産まれて、最初にするのは、どちらですか?


勿論「アウトプット」です!




脳科学でも証明されているように、


先ず、声を発しない限り、


人間は「覚える事(インプット)」をしない仕組みになっています。


よって、インプットばかりしていても、インプットは伸びても、


「アウトプット」は出来るようにならないです。


これが、一般的な、日本の英語教育の形です。



インプットしかしないから、「アウトプット」が出来ない。


インプットの量が多過ぎるから、「アウトプット」が出来ない。



全てにおいて「バランス」が大事です。


食事や運動などと一緒です。


「インプット」だけしても、ただの頭でっかちになるだけです。


毎日「YouTube」を見てるだけでは、一切、英語は話せるようになりません。


毎日「YouTube」を見てるだけでは、スポーツや、サーフィンやスノボだって、出来るようになりません。


全ては、実践あるのみです!



本来、「アウトプット」と「インプット」は同量でなければならないです。


インプットを十分したのであれば、「アウトプット」をしましょう!


「アウトプット」をしていかなければ、リアルな場で「英語」は使えるようにはなりません。



例えば、毎日「アウトプット」するだけであれば、


「受け放題のオンライン英会話」でも大丈夫です。


月額で「1万以下」で受けられるサービスもあります。



ただ、これには問題があります。


仮に、毎日「オンライン英会話」をしていても、


ある程度まで来たら、英語力&スピーキング力が伸びなくなります。



もし、あなたもそうであれば、


この根本的な問題は、別の記事に詳しく書いてありますので、


是非、一度読んでみてください↓↓



英語が話せるようになる方法


https://www.ritzenglish.com/single-post/howtospeakenglish





そして、次に大切なのが、「やり方」です!



毎日「20〜30分」話しても、英語力が伸びないのであれば、


そこに「ある問題」があります。



別の記事に書きましたように、


「英語の話すという事」に少し慣れてしまえば、


「30分間」という時間は、ただの「準備運動」の時間になってしまいます。



この問題に加えて、


もし、あなたが、マンツーマンで「英会話」などを受けているのであれば、


時間内で、あなたと、ネイティブや講師は、どちらが多く喋っていますか?



もし、ネイティブや講師が、より多く喋っているのであれば、


それも「問題」です。



本来、ネイティブや講師は、「子供」と話す時のように、


話す事」を促して、「聞く事」をしてあげなくてはいけないのです。



もし、そんな、勝手に喋っている「大人」や「両親」であれば、


「子供」は話す気をなくしてしまうかもしれません。


ただただ、聞いて、頷いていればいいと、思ってしまうかもしれません。


あなたは、如何ですか?



もし、そうであれば、今すぐ、変えてください!!




RITZのレッスンでは、講師である私が、お父さん、お母さんのように、


生徒の1人1人が話す時間を充分に作って、ちゃんと最後まで聞いて、


頑張って単語を探そうとか、文章を完成させようとしているのを邪魔しません。


頑張って「トライ」しようとしているのを、止める事はしません。



自分のペース」で大丈夫なので、先ずは、自分で「トライ」して、


自分の力で出来るんだ!」という事を実感してください!






最後に、もう1つだけ質問です。



あなたは、「スピーキング」&「言語習得」において、


以下のどちらが「最初に出来なくてはいけない事」だと思いますか?



「1人でも自分の力だけで話し続けられる事」


「正確なキャッチボールが出来る事」




正解は、、



1人でも自分の力だけで話し続けられる事」です。



これも、子供の言語習得時でも言えるように、


「正確なキャッチボール」は、ある程度話せるようになっても出来ません。


5歳児の子供であれば、もうお話が止まらないかもしれませんが、


「遊んだら、片付けて」と言って、ちゃんと片付けてくれますか?


10歳の子供に「今日は早く帰ってきて」と言って、ちゃんと時間通りに帰ってきますか?



「相手の意図を捉えた正確なキャッチボール」や


「ネイティブとの意思疎通」が完璧に出来るなんて、いつになりますか?


いつになったら、あなたの「文法」は完璧になりますか?


既存の「文法書」や教科書を読み続けて、


本当に、英語の全てが分かるようになりますか?




それよりも、ネイティブの助けなく、


1人でも自分の力だけで話し続けられる事」の方が、最優先事項です!!


普通に英会話スクールに行けば、話を進めてくれるのはネイティブです。


話していて「単語やフレーズ」が分からなくて、見つけて教えてくれるのもネイティブです。



大事なのは、自分が伝えたい「1つの話」を、


「その場」で、最後まで、「自分の力」で話せる事です。



これが、「本当の英語力」であり、「言語スキル」です!!



自分が伝えたい事が、いつまで勉強しても、いつまで経っても言えない。


ネイティブの助けが無いと、単語も見つけられない、文章も完成させられない。


ネイティブが助けてくれないと、次のアイデアが出てこない、自分で会話を進められない。



それは、「本当の言語の成長」ではありません。


「完璧なキャッチボール」なんて、大人でも出来ないものです。


それよりも、「自分の言いたい事&伝えたい事」を


英語で最後まで言える事」の方が、


断然、大切で、重要な力&スキルです。



先ずは、「1人でも自分の力だけで話し続けられる事」を身に付ける事が重要です!




「もう、少し考えれば、自分で見つけられていた、正しいフレーズを支えていた」


「もう、少し時間があれば、自分で言いたい事が言えるのに」などと思った事は無いですか?




先ずは、ゆっくりでも大丈夫なので、


「自分のペース」でアウトプット/話していく方法を見つける事が大切です!



そして、次には、


「自分で単語を見つける力」


「自分で文章を完成させる力」




これらを伸ばしていく事で、


本当に「英語を話せる力」となり、


自身の英語のポテンシャル」を最大限引き出せる力となります。



言語習得の正しいプロセス」


子供が言語習得をするプロセス」と「同じ環境」でなくてはなりません。



あなたも、子供の立場になってみましょう。


「正しいキャッチボールが出来る事」は、次です。


先ずは、「自分の言いたい事&伝いたい事」を


「自分の力で話し続けられる事」の方が断然、大切です。




もしかしたら、通常のネイティブなどとのレッスンでは難しいかもしれませんが、


その場合は、Ritz English Schoolに来てください。


RITZでは、全てが現実になるメソッドがあります!



今まで、他の英会話スクールのレッスンでも、


留学しても、仕事で英語を使ってても「英語が話せない方」でも、


自分で話す力」「アクティブ(能動的)に話していく力」が、確実に身に付きます!



RITZのメソッド「H/BASA」で「言語能へアクセス」していき、


通常では「90分」掛かる「言語能の活性化」を、


最短「30〜45分」でも行えるように濃縮してあります。


「90分」も話せない、話す時間も無い、のであれば、


その時間を濃縮すれば、いいだけです。



H/BASA」だからこそ出来る特殊なスピーキングレッスンであり、


脳がちゃんと動く状態で話せる」ようになります。


そして、脳の中に「余裕」が出来てきて、


「自分のペース」で、最後まで話せるようになっていきます。



RITZでは「本当に使える英語」を身に付けて欲しいし、


出来るなら「海外に留学する位の言語レベル」を目指して欲しいと思っていますし、


RITZであれば、それが可能になります!!



言語能が正しく起動」すれば、


誰でも「英語が話せる」ようになります!!



是非、あなたも実際にオリジナルメソッド「H/BASA」を体験&体感して、


自由に英語で話せるようになってください!!





Ritz English School & Huro Academy


代表&講師 Hiroki Ishiguro



#Whitehouse / アメリカの首都 Washington DC にある最高機関「ホワイトハウス」この日はちょうど安倍首相が来日していて、トランプ大統領との会食が開催されていました。


Comments


Recent Posts