top of page
Featured Posts

世界初!!『 TOEICの秘密/トップシークレット 』を解明&限定公開!!!


本日は、

「TOEICの秘密」を公開します。 世界初公開です!!!


どんな「秘密」かと言えば、

「TOEIC」を受けた事があるのであれば

誰もが気になった事がある

「何故、最高点(満点)が990点なのか?」

「何故、最低点が10点なのか?」

という疑問である。

「ETS」という「TOEIC」を主催するアメリカの機関の

「一部」の人間しか知らない「トップシークレット」です。

その「真実となる答え」を含め

「TOEIC」の「全て」を、ここに公開します。

言語の『 真の答え 』を見つけるのは困難だが、 一度、知ってしまえば、簡単に理解出来て、 「英語の価値」だって変える事が出来る。

ただ、これを読んだだけで、

今後のあなたの「TOEICの点数」は

「100点200点」と変わってくるはずです。

もしかしたら、それ以上かもしれません。

ここに公表する

「TOEIC test の秘密&性質」を理解する事が、

「受験者」には、そのくらい重要で、

「点数という結果」に繋がるという事です。

言い換えれば、

最も重要な「TOEIC test」に対する

『 傾向と対策 』となります。

〜「TOEIC」の秘密とは?〜

その特殊な「問題形式」と「採点方式」にある。

という事は、ご存知かもしれませんが、、

TOEICが公開しているオフィシャルの情報 &TOEICテストの特徴としては、

「TOEIC Listening & Reading Test」には、

「Equating(スコアの同一化)」という

スコアリング(配点)の方式の採用があるという事です。



「Equating(スコアの同一化)」というシステムが何かと言えば

簡単に言えば「スコア(配点)」のコントールです。

「TOEIC test のスコア」と「全受験者の点数の評価」に

差が出ないようにする為のシステムです。

依って、どの回のテストを受けても

「受験者の英語力」が変わらない限り

「点数」はあまり変わらないという事です。


ただ、世界でも一般的に知られている情報は一部のみ。

「正答者が多ければ、配点を下げる」 「正答者が少なければ、配点を上げる」

という情報があるが、

決して「1問」あたりの点数「5点」を変える事はしていないし、

大きく配点を上げたり下げたり「操作」をする事もない。

大学などの「入試試験」では無いからだ。 通常の学校や大学の入試では、これが必要になる。 この点数のコントロールをしないと、実際の受験者の点数によって、 予め、公表している「入学出来る定員数」に「問題」が生じてしまう。 「定員割れ」や「過剰な人数の合格者」である。 これでは、学校法人や大学機関の運営に問題が起きてしまう。

ただ、「TOEIC」では、そのような事をする必要は無い。


「TOEIC test」の1つの問題に対する点数は、

「全てが1問5点」なのは間違いない。

では、一体、

どのような「採点方法」を使っているかというと、

ある「特殊な問題形式」&「採点方法」を使って、

「最高点(満点)が990点」

「最低点が10点」

という点数が算出されるようにしている。


ただ、、

決して、どこかのサイトに書いてあるように、

「1問」も当たらなくても「10点」がもらえるとか

全問正解なら、「1000点(5点×200問)」から

「単純に10点」を差し引くというシステムでも無い。

それらは「フェイクニュース」のように、

色々な「誤解」を招いている。


「Equating(スコアの同一化)」というシステムと理論を

巧妙に使って、応用して、ある「システム」を構築して、

それは、『 本試験 』のみで行われている。


では、先ず、

1番シンプルな所から始めて行きたいと思うが、、

「TOEIC test」は、

基本「A, B, C and D」という4択である ※ Part2 ( Listening part ) のみ3択 ( A , B and C ) になる

という、基本的な事は、 言われなくても分かってると思われるかもしれませんが、


あなたは「TOIEC」というテストよりも、

アメリカなどの英語圏での「英語のテスト&試験」の

根本的な「コンセプト」を知っているだろうか?

『 基本、ひっかけ 』である。


勿論、アメリカで問題制作されている

「TOEIC」も同じです。 「TOEIC」の「1問目〜200問目」まで

「全てひっかけ」ようとしている事に、

あなたは、気づいていましたか? 先ず、

これを知らないと「TOEIC」の攻略も難しく、

ずっと点数が伸びないかもしれない。

日本のテストや英検のコンセプトとは違う。


海外で生活していて、

何らかのテストを受けると、気付くはずである。

普通の資格試験などでも、基本は「ひっかけ」です。

因みに、筆者である、私が、海外に居る時に、 最初に「TOEIC」という物を知らなかったのに関わらず 流れで受けた時の結果は、「200点」でした。。笑 (海外で通った学校のレッスン料に含まれていました)

この点数の意味は分かりますか?

「TOEIC」は、基本「4択」で、

仮に、「全てA」を選択したとしても、

「確率論」的には、「25%」の正答率があり、

「250点」前後は、取れるという計算になります。 (実際は、より低くなる事もあります)

依って、「200点」という点数は、

「全問ひっかけのテスト」に、

「引っ掛かりまくった」結果の点数です。

「TOEIC」の思惑通り、順調に引っ掛かっていくと、

点数は「250点」以下になっていきます。

次に、

「TOEIC」は基本『 2択 』という事です。

あなたは、毎回「4択」で、迷っていませんか?


「TOEIC」は、どの問題も良く見ると、

「2つの選択肢」は「有り」で

「2つの選択肢」は「無し」となっています。

英語ビギナーの方からすると、 どれもよく分からない、、という事もあるかもしれないが、

ある程度、英語を勉強して、話せるようになると

はっきりと見えてくるはずです。

例えばですが、

「AとC」は「ありえる」 「BとD」は「ありえない」

本当に、英語の事が分かって馴染んでいれば、

「TOEIC」は『 2択 』に見えてくるんです。

所謂、「50%の確率(2分の1)」で、

「どちらかを選べば正解」になる。という事だ。


「TOEIC」というテストは、

ある程度まで「英語力」を上げて、

その「2択に絞る力」と「英語力」

&「最終的な2択からBestを導く力」と「理解力」

が問われるテストである。

もし、「TOEIC」が、まだ「2択」に見えない場合は、

より頑張って、英語を勉強したり、話したりしてください。

「TOEIC」が「2択」に見えた時、

あなたの英語力は、 初めて「使える英語」へとなっていきます。


英語は使えて&話せてからが

本当の「スタート」です。


ただ、「TOEIC」は、全てのパートにおいて、

「法則性があるパターン」で問題を作っているので、

それらを理解した「傾向と対策」を行うだけで、

簡単に点数は、上げられるようになります。

全ての単語やフレーズが分からなくても問題ありません。

単語力( Vocaburaly )も、そこまで無くても大丈夫です。

詳しく知りたい方はお問い合わせください。

次に、もう「1つ」知って頂きたいのは、

「TOEIC」は、「本試験」と「公式問題集」では

「問題傾向」が違うという事だ。

なんなら、「公式問題集」の「サンプル問題」と

「TEST 1 &2」と表記されている「練習テスト」の

「問題傾向」も違うし、故意に変えてあります。

良く見なくても、全然違う時もあります。

理由は、

「TOEIC」のサイトなどにも書いてある事もありますが、

「本当の理由」は、別にあります。

この事で「何か分かる」かというと、 『 TOEICの秘密 』が分かります。


そうです!!

本当は「非公開」になっているはずの

「TOEIC」の特殊な「問題形式」と「採点方式」が分かります。


どういう事かというと、

「本試験」の問題のみで、

ある「トリック」が使われているという事です。


「TOEIC」の「本試験」の問題が

公開される事は、決してないし、

「TOEIC校」と呼ばれるスクールや企業が行う

「IPテスト(公開テスト)」でも、

学校や企業の担当者でも、代表でも、

問題のチェックは出来ません。

「TOEIC ( ETS ) 」との規約で、

「テスト開始」直前まで、

誰も、問題の開封は出来ない事になっているし、

「テスト終了後」は、回収したと同時に、

専用の封筒に入れて、封をしなければならない。

会場で受けた事がある人なら、見た事はあるだろう。

依って、

「本試験の問題」を、関係者がチェックする事、所謂、

「問題の内容を確認して精査する事」が出来ないようにしてあります。

「問題の内容を確認して精査する事」が出来れば、

「TOEIC」の特殊な「問題形式」と「採点方式」が

「解明」されてしまうからです。


続きは、「Note」にて「限定公開(有料)」しています。

下記のURLよりご確認ください。長文ですが、必読です!!




#TOEIC配点方式計算式ノート /「TOEIC配点方式」を発見&解明した時の計算式&ノート



#TOEIC #英語 #クイズ #UG /

Comments


Recent Posts