Featured Posts
  • Hiroki Ishiguro

Challenge Yourself!!!



How much is your REAL English level?

これが「本当の英語力」チェックです!!


どこまで出来るかチャレンジしてみてください。




以下の英語を日本語に正しく訳してください。

・レベル「英会話スクール」

You must do it.

A. ___________________________________________

答えは、、

A. 「〜しなければならない」

ここまでは簡単なはずです!

そして、次のレベルは、、

・レベル「ノンネイティブ」

You have to do it.

A. ____________________________________________

答えは、、

A. 「〜しないといけない」

同じく「〜しなければならない」と答えた方は間違いです。

「〜しなければならない」と

「〜しないといけない」の違いは、明確になっていますか?

この2つの違いが明確になっていると、

「ネイティブの本当の英語感覚」が簡単に掴めるようになります。

次は、

・レベル「ノンネイティブアドバンス」

You’re gonna have to do it.

A. ____________________________________________

答えは、、

A. 「〜しないといけなくなる」

「be gonna 」は、

これから先、未来の事についての表現なので、

「〜しないといけない」に、未来の事を足した表現です。


これらが使えるのは、

「英語を表面的に理解」出来てるだけでも可能ですが、



ただ、正確に「ネイティブの本当の感覚」と

「日本語の感覚」を合わせられてるかどうかは別です。

1つの指標として、英語を正しく日本語に訳せるかどうかで、

ネイティブの英語と同等の「本当の言語力」の構築が出来ているか、

如何に「Deep Learning」が出来ているかが分かります。




ここからが本番です!!



・レベル「ネイティブエレメンタリー」

You shouldn't have to do it.

A. ____________________________________________

・レベル「ネイティブインター」

You don't want to have to do it.

A. ____________________________________________

・レベル「ネイティブアベレージ」

You shouldn't want to have to do it.

A. ____________________________________________

・レベル「ネイティブアドバンス」

You would have had to have done it.

A. ____________________________________________

全て、ネイティブが、日常会話で普通に使うパターンです。

是非、トライして、ネイティブの感覚を掴んでください!

以上の問題は、RITZのレベルチェックの際に、

どこまで「ネイティブの英語と感覚」を理解しているか、

習得したいかという「目標」の基準にしています。

「レベルネイティブアドバンス」の意味と感覚が理解出来れば、

本当の意味で「ネイティブと対等の言語理解」があると言えます。

RITZの「体感レッスン」では、

上記のレベルチェックも出来ますので、

是非、あなたの英語力を試してみてください!!



#Paradisebeach #Bahama / カリブ海のバハマにあるパラダイスビーチ 波がエメラルド色 海が恋しい

Recent Posts
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic